台湾貿易センター国際企業人材育成センター(ITI)研修が終了しました。

先月をもちまして台湾貿易センター台湾国際企業人材育成センターからの研修生受け入れが終了いたしました。同研修は台湾との経済交流の一環として、毎年台湾貿易センター国際企業人材育成センターの日本語プログラム研修生が福岡県内企業での研修を実施するものです。台湾政府の外郭団体である台湾貿易センターとの連携のもと、27名の研修生が約3週間、県内企業20社で実務を通して日本文化や企業文化を学びました。先月末に研修成果報告会と修了式・フェアウェルパーティが開催され、研修生たちは各社で学んだ日本のビジネス慣習や社会習慣等、気付いたことを流暢な日本語で発表していました。

iti_last01

当社では昨年から受け入れを開始し2年目になりますが、今年は霍さん、王さんのお二人が当社のサービスをグロースすべく、台湾市場のマーケティング業務を頑張ってくれました。お二人とも真面目な性格で、仕事における真摯な対応や積極的に質問してくれたり自発的な姿勢が、当社スタッフにとっても大変良い刺激となり、私達自身も学び多き機会となりました。

iti20170213

台湾のこと、日本との文化の上での違いなど、今後のマーケティングに活用させていただきたいと思っております。霍さん、王さん、ありがとうございました。
これからのお二人の台湾でのご活躍をスタッフ一同、心より応援申し上げております。

iti_last02

また、福岡県庁の皆様、台湾貿易センター国際企業人材育成センターの皆様、今回の研修でお世話になりました関係者の皆様、誠にありがとうございました。

《 参 考 》
※台湾貿易センター国際企業人材育成センター(ITI)とは
国際ビジネスにおける即戦力の育成を目的として、台湾経済部の委託を受けた台湾貿易センターが開設した教育機関。今回の研修生が在学する2年間全寮制は、日本語組や英語組など11の言語コースが用意されている。このほか、仕事をしながら語学や貿易実務を学べる社会人向けコースもある。台湾の経済界からの注目度は高く、2015年卒業生の求人倍率は平均11倍にのぼり、貿易修士課程修了者としての待遇で採用されている。卒業生の多くは台湾を代表する有名企業のマーケティングの主力として活躍している。
◎福岡での研修概要
◆期間
平成29年1月25日(水)~ 2月17日(金)
◆今回の受入れ企業(計20社)
RKB毎日放送株式会社、学校法人麻生塾、株式会社アソウ・ヒューマニーセンター、アトム株式会社、イオン九州株式会社、株式会社エニセンス、(一社)九州経済連合会、九州旅客鉄道株式会社、株式会社サニックス、株式会社如水庵、株式会社正興電機製作所、株式会社ゼネラルアサヒ、株式会社電通九州、株式会社西日本新聞社、西日本鉄道株式会社、日本通運株式会社福岡支店、株式会社ふくや、株式会社ぶんコーポレーション、株式会社やまやコミュニケーションズ、ロイヤルホールディングス株式会社(※50音順)
◆これまでの実績
平成15年度から昨年度までに276名の研修生を延べ216社の県内企業で受入れ

【台湾貿易センター(日本語)】http://www.taitra.gr.jp/
【台湾貿易センター国際企業人材育成センター(中国語)】https://www.iti.org.tw/

CONTACT

お問い合わせ

サイト制作のご依頼は
こちらからお問い合わせ下さい

お見積りフォーム

WEBサイトのことでお困りの方は
お気軽にご相談下さい

お問合せフォーム

お電話でのお問い合わせ:092-737-1870

受付時間:平日10:00~18:00